アルミ製品を木調色で揃えた中川区にある憩いの外構

あると生活がより一層充実するウッドデッキとテラス屋根。目隠しをつけるともう1ランク上の生活に。

ひとつ前の施工例にてアプローチとカーポートの部分をご紹介させていただいたこちらのリフォーム外構。
今回は前回紹介しきれなかった ” テラス屋根 ” ” ウッドデッキ ” ” フェンス ” をご紹介させていただきます。

門扉を抜けた先のお庭にはお施主様のご要望の一つだったテラス屋根を施工しました。
道路面からも存在がわかる程高さのあるテラス屋根は三協アルミのナチュレという商品。
ナチュレは ” ナチュレN ” ” ナチュレS ” ”ナチュレP ”と3種類にわかれており、中でも今回使用したナチュレSは枠形状のシンプルな屋根デザインでシンプルモダンな邸宅からナチュラルモダンな邸宅まで幅広い住宅にマッチ致します。また、今回はオプションで竿掛けを設置したので洗濯物を干すスペースとしても大活躍。急な雨への対応はもちろん、日差しの強い日は熱線遮断の屋根の下で紫外線をガードしながらお洗濯ができます。

少し写真では見えにくいのですが、テラス屋根の下にはお施主様が色にこだわられたウッドデッキの姿が。
上記にも記載した通りお洗濯のスペースにもなるこの場所は、ウッドデッキがあることで軽作業するスペースやお茶を楽しむ憩いの場にもなります。
施工したリウッドデッキという商品。こちらのデッキは木粉とプラスチックが主原料でつくられています。半分が木粉で作られているというところから肌触りと香りはきわめて天然木に近い質感、それでいて残り半分のプラスチックが耐久性を強くし腐敗やシロアリなどによる食害を防いでくれる…見た目の美しさにも耐久性にも抜かりのないデッキとなっております。
また、リウッドデッキは従来の人工木デッキよりも目地幅が狭く設計されています。意匠性や安全性を考慮し” 3ミリ ”に設定された目地はデッキ下まで貫通していないタイプの目地なので隙間から物が落ちる心配やデッキ下に光がもれにくい点から雑草が生えにくいという暮らしに優しい設計で人気な商品です。

テラス屋根とウッドデッキが施工された憩いの庭の手前には目隠しフェンスを。
正面が道路ということもあり生活するには少々視線が気になるとのことでしたのでエクスタイルのアーバンフェンスを施工。
アーバンフェンスは板の枚数や隙間、そして豊富なカラーバリエーションからお好みの色を選ぶことができるというオリジナリティと個性が溢れるフェンスで、お施主様の選ばれたカラーはダークブラウンの板に一枚だけアクセントとしてホワイトをいれたお洒落デザイン。普通のアルミフェンスと違って可愛らしい見た目や自分の好きなように加工できるところが女性に人気のフェンスとなっております。
今回はアーバンフェンスの中でもシボ加工のされているものを使わせていただきました。シボ加工というのは質感を高める為、表面にデザイン模様として細かい凹凸加工を施したものでより一層リアルな木目が楽しめます。

アルミ製品を全体的に木調色で統一させたデザインの外構は生活のしやすい落ち着く空間となりました。

 

▶この施工の担当営業 竹内徹

外構工事概要名古屋市中川区O様邸リフォーム外構
テラス屋根、ウッドデッキ、目隠しフェンス、連続フェンス、スライドゲート、花壇、人工芝
エクステリア商品テラス屋根:三協アルミ ナチュレS 壁寄せ 2間×10尺 ロング柱 (オプションで柱カバーと竿掛け設置) (本体色/トラッドパイン パネル/熱線遮断かすみ 雨樋/BKC 柱カバー/KC 竿掛け色/KC)

人工木ウッドデッキ:YKKap リウッドデッキ200 2間×10尺 ロング束柱 (+段床1段/間口1200) (デッキ材/ホワイトブラウン 幕板色/ホワイトブラウン 束柱/プラチナステン)

目隠しフェンス(正面):エクスタイル アーバンフェンス+シボ H1200 柱60角 隙間15 120板×6枚 50板×5枚(120板/ダークブラウン 50板/ホワイト)
目隠しフェンス(側面):エクスタイル アーバンフェンス+シボ H1000 柱60角 隙間20 120板×6枚 50板×1枚(120板/ダークブラウン 50板/ホワイト)

連続フェンス:LIXIL アルメッシュ1型T8 フリーポール(シャイングレー)

スライドゲート:YKKap ルシアススライドCS01型 16-12(柱/プラチナステン 格子/桑炭)
アルミ枕木材:LIXIL デザイナーズパーツ 70角 H1200×2本(ブラック)

花壇:UNISON シャモティ12-5L(片面)(ベージュ)

人工芝:EXALIVE ZEROターフ

関連記事一覧