清須市I様邸 ガーデンライト設置リフォーム工事

「お庭にライトをつけたい」最近多いご相談です。

その際、基本的にはガーデンライトを設置する場所と家から外に出ている電源(100V)を線でつなぐ必要があります。

その様子がこちら、配線を保護するPF配管をコンクリートの下に隠す場合も、この様に露出で見せる場合もあります。
お打ち合わせの内容で決まっていきます。

コンセントから繋がれている四角い機械は、暗くなったら自動点灯させ、明るくなったら自動で消灯させる優れものです。
明暗センサーと言ったり、明るさセンサーと言ったりします。

更には、家から出ている100Vの電圧を12Vまで下げる機能ももっています。よって、名前はダウントランス。
なぜ12Vにダウンさせるかと言うと、外の照明もほとんどのものがLEDに切り替わり、LEDの照明を点灯させるのには100Vの電圧が必要ないからです。
E1CB81EC-681C-4B71-BB5B-D48C8ADDE0F6 清須市I様邸 ガーデンライト設置リフォーム工事
結果として得られるメリットもたくさん。詳しくはご相談ください。
オールグリーンのライティング特集はこちら

関連記事一覧