ゲートフレームが出迎えるナチュラルで可愛らしい緑区にある新築外構

木調カラー+ホワイトでつくる!植栽も喜ぶ温かみ溢れるファサード

ファサードを中心にお洒落な空間を提案してほしいとご来店されたお客様。
温かみのあるナチュラルテイストな邸宅のイメージを崩さぬよう全体を暖色系のものでデザイン。

来客者を出迎えるようにそびえ立つ門塀はタカショーのエバーアートボードを全面に貼った門塀。
エバーアートボードとは高耐候性のラッピングシートを貼ったアルミ製のパネルで、忠実に再現されている素材の表情が人気の張材となっております。
木目柄やマットなどパネルの種類が多いエバーアートボード、今回はホワイトパインという白色の木目柄パネルを使用しました。
優しい白色の門塀に笠木はブラウンのものを、そして門塀前のわずかなスペースはお花を植えられるような植栽スペースにし可愛らしさを演出致しました。

駐車スペースから庭部分にかけて設置されたゲートフレーム。
こちらはLIXILのGフレームとGスクリーンを組み合わせて施工しています。
見た目の華やかさやアクセントにはもってこいのゲートフレーム。それに縦格子のスクリーンを組み合わせることで掃き出し窓前の目隠しとしても活躍してくれる機能性に優れたゲートフレームとなっております。
8色展開の豊富なカラーバリエーションの中選択した色はクリエモカという木調カラー。黒だとモダンな印象、アルミ色だとシンプルな印象など色によって雰囲気の変わるゲートフレームに木調色を使うことで一気に邸宅と同じ温かみ溢れるナチュラルテイストな外構に。また、オプションでダウンライトを設置しているので、夜になるとファサードを優しく照らす昼間とは違った空間を楽しむことができます。

外構工事概要名古屋市緑区C様邸新築外構
門塀、ゲートフレーム、駐車場、植栽、フェンス
エクステリア商品門塀:普通CB120 10段積み(+3500)
   Takasho エバーアートボード W1800 H2100(ホワイトパイン)
笠木:Takasho エバーアートウッド笠木(ブラウンエボニー)

ゲートフレーム:LIXIL +G Gフレーム 柱90角 H2400 W5000
        Gスクリーン 細縦格子 H2400 W1000

駐車場:土間コンクリート 刷毛引き仕上げ
石張り:MSC アルビノミックス 乱形
目地:砕石 W70(グレー)

フェンス:LIXIL ライシスフェンス2型 フリーポールタイプ H1200(シャイングレー)

関連記事一覧