重厚な建物に見合う立派な外構

建物とお車にこだわりのあるお洒落なお施主様から重厚な建物に見合うかっこいい外構をお願いしたいというご要望。

黒を基調とした外壁に木調のアクセントというモダンな建物の雰囲気にかっちりはまるカーポートということでLIXILのSCをご提案。
ポリカーボネートの屋根と中骨のないデザインですべての部材をシャープなアルミ形材で構成。
従来のカーポート特融の金属光沢を抑え、マットな質感で形成されているSCは景観になじんだ落ち着きのある佇まいのイメージを損なわず施工する事ができました。

また少し見えにくいですが、門塀はB−woodを、ポストにはB−Life.sのボビを使用。ダークブラウン色の木調の門塀で全体の統一感と落ち着きをみせつつ、ポストにワンポイントとしてボルドーを使うことでこなれ感、アクセント、メリハリを演出しています。

アプローチ周りは植栽で柔らかい雰囲気を造りつつも玄関への道しるべとなるようなTOYOのプラーガボーダー(敷材)でかっこよさを忘れないシックな仕上がりとなりました。

工事内容清須市 N様邸 新築外構工事
土間コンクリート工事・アプローチ工事・カーポート工事・ポスト工事・テラス屋根工事・目隠しフェンス工事・植栽工事・照明工事
使用商品カーポート:LIXIL SC1台用27−50 ロング柱(ブラック)

テラス屋根:LIXILシュエットW3000×6尺(クリエダーク)
      BウッドスタイルH1200(ダークブラウン)
      H120板5枚+H45板7枚 隙間20


ポスト:ボビ(ボルドー)
    ボビラウンド(ボルドー)

門塀:Bウッドスタイル H1500H120板8枚+H45板3枚  
            隙間20

ライト:ガーデンアップライトミオ

アプローチ:TOYO プラーガボーダー 
      (プラドセピア)

関連記事一覧