目隠しのあるプライバシーが守られた家族みんなの憩いの場 ”お庭” をリフォーム。一宮市

物置、遊ぶスペース、自転車置き場。家族みんなが笑顔になるリフォームを目指しました。

「お庭のリフォームを考えていてご相談できたらなと…」とお電話にてお問い合わせいただいたお客様。

もともと植栽の植わった花壇スペースを子供の遊べる空間とお母さんお父さんも嬉しい物置スペースにリフォーム。

花壇を囲う土留めが低く、雨が降ると駐車場に土が流れてきてしまいそれを踏んだ靴でお家に入ると玄関が砂だらけになってしまうととても気にしていたお施主様。
遊び盛りの年齢になってきたお子さんが滑って転んでも痛くない人工芝を敷いた遊びの空間が欲しいとのことで、花壇だった部分を取り壊し、改めて高さのある土留めで囲い人工芝を敷きました。

人工芝を敷いた庭はもちろん、奥に掃き出し窓もあることから生活するうえで道路面からの視線が気になるというお施主様。
プライバシーをしっかり守る為に設置させていただいたのはB-life,sのBウッドスタイルベーシックというフェンス。
板幅、板の枚数、高さなど隠したいものを明確にし設計することで外部からの視線を遮っています。また、Bウッドスタイルベーシックは目隠しの役割を果たす高さのあるフェンスながらも木調で優しいカラーの見た目がナチュラルな景観に馴染み圧迫感のない仕上がりとなっています。

少し写真では見えづらいですが、駐車スペース奥側もリフォームさせていただいており、アプローチ横同様以前は植栽スペースでした。(後半2枚のお写真参照)
この空間は大人がメインに使用できる空間にと物置の設置と自転車を置くスペースに。
物置周りは雑草対策に防草シートを張り、その上から砂利を。自転車置き場は花壇の延長で土だった掃き出し窓手前の空間に平板を敷き自転車を停めやすくしています。さらに平板を敷き土をなくすことでお施主様が気になさっていた玄関に土を運んでしまわぬようなデザインさせていただきました。

 

▶この施工の担当営業 三宅祐太

外構工事概要一宮市W様邸リフォーム外構
目隠しフェンス、土留め、人工芝、目地、物置、平板敷き
エクステリア商品目隠しフェンス:B-life,s Bウッドスタイルベーシック(ダークブラウン)
        H1500 板幅140 板7枚 20隙間

土留め:化粧CB120/2段積(+350)
    TOYO ライク(ナチュラルグレー)

人工芝:EXALIVE ZEROターフ

駐車場、アプローチ目地:B-life,s ラインターフ 100mm幅 下:モルタル

物置:ヨド物置 ESE-2109A(スミ)

平板敷き:TOYO プラーガペイブ(プラドブラック)

関連記事一覧